FC2ブログ
 

アート おぶ PYO

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミ☆ドキュメンタリー映画際での作品展示のお知らせ☆ミ

こんにちは、Pyoです^^!
展示のお知らせです☆

≪山形国際ドキュメンタリー映画際≫

 ともにあるCinema with Us
    忘れないために

日にち:2013.3.01(金)~03(日)
ばしょ:フォーラム山形

映画祭の会場とのなる、
シアター4の入り口前に、
作品がいくつか展示される予定です。^^

作品は、前回の個展「震災とぼくたち」時のものです。

シアター4脇の通路側には、
山形出身のアーティスト、犬飼ともさんの作品が
展示される予定です。^^
犬飼さんは、石巻のこどもたちと、瓦礫でオブジェを作る活動をしており、
昨年春、
Pyoが今最も行きたい国(笑)、イタリアにて、
展示会を開かれたそうです。

※詳しくは、「ワタノハスマイル」で検索して頂き、
ホームページ上の、犬飼ともさんのリンクへ飛んで頂くと、
どのようなことをされているのかが、分かるかと思います^^

今回展示させて頂く機会が得られましたのは、まず初めに、
昨冬お世話になった長屋門ギャラリーの柴田さんのおかげです。
本当に、心からありがとうございます。^^

そして、
山形国際ドキュメンタリー映画際の事務局長、高橋卓也様。
作品展示をさせて頂き、心から、本当にありがとうございます!
こうしたチャンスを頂けて、凄く嬉しいです^^

また、森合広様を始めとする、
会場のフォーラム山形スタッフの皆様。
本当に感謝を申し上げます。。。!

映画祭での展示は、最初で最後になる可能性が高いです。笑
今度、いつ展示会が出来るかさえも分からないので。^^;
ぜひ、ぜひ、、!!!観に来て頂きたいです!^^☆

まさか、今春に、展示をすることが出来るとは、
思ってもいなかった為、
お話を頂き、本当に心が躍る程、嬉しいです!^^

今回の映画祭は、核や放射線、原発など、
震災に関連したものがテーマとなっています。

あくまでも自分の考えですが、
今回の映画祭での上映映画は、
ある意味決して利益を追求し得るような、
そういった、娯楽のジャンルでは決してないと思います。
何故敢えてそういったものに取り組まれるのか。
そこがポイントだと自分は思います。
記憶を、歴史を、事実を、ずっと、
伝えたい。
この先生きる後世に残す。
わすれないよう。
これらもずっと考えていけるよう。

そういう想いがひとを動かすのかもしれないです。
そして、周囲や未来に伝える・残すことも必要ですが、
何よりも、
実際に今ここにいる自分たち、ひとり、ひとりが、
震災、その事実、その想い、考えを
ずっと心に置き続けることが必要なことではないでしょうか?

そう、思いました。^^

足元がいまいちな日が続いておりますが、
どうぞ、お気をつけて、いらして下さいませ。^^

常時ではないと思いますが、
Pyoは、2・3日、会場にいる予定です!

長文を、最後まで読んでいただき、
本当にありがとうございました!

   Pyo

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。