FC2ブログ
 

アート おぶ PYO

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久し振りの更新です

ご無沙汰しております!PYOです。
昨年は、たくさんの皆様にお世話になりました。
今年もどうぞ、ヨロシクお願いいたします!

今回は、詩を紹介したいと思います。

瞳(め)の汗

ひとはふとしたとき、
瞳から汗が流れる。
それは、
心が
働き過ぎて、
疲れて、
溢れ出る「想い」。

そのおちていく一滴一滴には、
感情がギュッと、
詰まっている。

くだらない想いや
悔しい想い
切ない想いや
しょうもない想い。

心のタンクは、
自分が思うよりも小さくて、
いつの間にか一杯になっちゃうみたい。

だから
ヒタヒタに溜まると、

涙というかたちで、
内から外へこぼれてくるんだね。


こないだ眠りに付く直前に、
ぽわぽわと浮かんできた言葉が幾つかあったので、
思い切ってそれを書き留め、紡いで、一つの文章にしてみました。^^

また時折、更新いたしますので、
よろしくお願い致します
―PYO―

スポンサーサイト

最近の詩

こんにちは!PYOです。

ご無沙汰しております。
年末にかけて、
様々なことが移り変わり、
そんな日々の出来事に
振り回されてしましそうな、
そんなこのごろであります。

そんなとき、見失ってしまうのが、
自分の気持ちや本来の目的であったりします。
自身にとって一番重要な柱だったりしますよね。

今回載せるのは、新しい詩です。
こないだ旅をしに行ったということもあってか、
最近ふと生まれた詩を、よんでいただきたいと、思います。^^
近況や気持ちを踏まえた詩になっています。

詩が出来た後、言葉にメロディを付けて、一応曲の様な感じにしています。
(楽譜などに起こすことはしていませんがネ。)
いつか何かの機会に楽譜に起こせたら良いなぁ、なんて思っています。

タイトル:無題

だいじなことを 見失う度、
こころに穴が、開くみたいになる。

こころをギュッと、ハグしたい。
わたしが わたしと出会う、旅。

疲れちゃったなぁ。
なんだか あぁ。
どこかへ行きたい。

おもいを雲の上に置いといて・・

おわりなの無い
はじまりも無い
ぐるぐる悩ます雨は 降らない

穏やかな日々の中心で、
深呼吸を、してみるよ。

―end.―


早いもので、今年もあとわずか。
昨年より早く感じるのは、きのせいなのでしょうか?^^
こんなに早いと、今年がなんだか、心寂しくなります。

いよいよ、本格的な冬が近づいてまいりました。
お体には、お気をつけて。。!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!!^^


PYO

「 僕は、知ってる。 」

  こんにちは、Pyoです。^^

今回は、個展でも展示をした詩を
一つ、ご紹介したいと思います。

これは、
とある試練に向かって頑張っている人たちの姿を見て、
つくった詩です。

私も経験のある試練だったため、とても共感し、
背中を押したいという気持ちから、自然と生まれました^^

その時、私自身も別な試練の最中でしたので、
自分の背中を押すという思いもあったのかもしれません。

みなさんの背中も押すことが出来たら、
みなさんにも、何かを感じていただけたら、
本当に、幸いです^^。

゜。 ゜ 。 ゜ 。 ゜ 。 ゜ 。 ゜ 。 ゜ 。 ゜ 。 ゜ 。゜ 


「 僕は、 知ってる。 」

 笑顔の裏を 知ってるよ。
 
 涙のあとが、心に残ってる。


 涙の裏を 知ってるよ。

 悔やしさや苦しみが、頑張りの下に隠れてる。


 君は強い、何処までも行けるよ。
 
 僕は知ってる、君の強さ。


  君なら、出来るよ。
 
  僕は、知ってる。
                          -Pyo-

こんばんは^^

今回は、短めの詩を何個か載せたいと思います。
といいいますか、
どれも先ほどできた詩です。笑(その内の4コ中3コを掲載。)

@ @ @ @ @ @ @


「ぐる ぐる ぐる」

ぐるぐるぐる、雲の中。
ぐるぐるぐる、土の中。
ぐるぐるぐる、心の中。

地球もおんなじ。
ボクもおんなじ。
宇宙もおんなじ。

みんなひとりで、
ぐるぐるしてる。


゜ ゜ ゜ ゜ ゜ ゜ ゜ ゜ ゜

 「心のそうじ」

キミの心の汚れを、

ボクが掃除してあげる。

ホウキとチリトリをちょうだい。

ボクが、キレイにしてあげるから。

* * * * * * * * * * * * * 

 「カミナリとボク」

カミナリが、おちて来た。

家の壁にしがみついた。

こわくて、ガクガク、ドキドキした。

「あー、 生きてるんだな。」

ボクは感じた。

。 。。 。。。 。 。 。 。。。 。。 。

    「一緒」

なみだをなくしたピエロが、
オルゴールを鳴らし始めた。

小鳥が一匹飛んで来て、
一緒にうたをうたったよ。


****end.

後で読み返したときに、
語尾や言葉の一部を、
変えたり、
いくつか候補を出したり
することがあります。
題名を決めなかったり。

今回も、PCで打っている途中、
一部書き直したりしています。^^

普段はもう少し長い詩が出来ることが
多いのですが、
今回は、コンパクトな詩になっています^^

それでは、この辺で。   -Pyo-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。